FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

お掃除は「化学反応」!

2013/02/26
ライフオーガナイザー@名古屋の村田佐智代です。

昨日は、ライフオーガナイザーのよこすともこさんが主催してくださった
お掃除講座に行ってきました。

講師はクリスタルミューズの木村由依(よしえ)さん。
早朝に関東からお越しくださいました。

ライフオーガナイザーのみの講座で、少人数。
午前・午後の2部に分かれて開講。
私は午前の3時間、初めてよその子と自分の子の“保育士さん”を体験しました。

いつもママズステーションで託児をお願いして、講義を受講しているのですが、
スタッフの方々の苦労を、身をもって体験しました

さて、お掃除講座の内容ですが…

1.まず、汚れの原因をよく考えて、分析。

2.“汚れにあった洗剤”を使用。
例えば“酸性の汚れ”には、「アルカリ性の洗剤」を使って、汚れを“中和”してしまうのです。

早速、自宅でいろいろな洗剤を見てみると、
「酸性」とか「アルカリ性」とか、ちゃんと洗剤の特性が書いてあります。

これが一番、表示がわかりやすい!
どの汚れに効くか、まで書いてある!

クエン酸130226


“理系”の実父。
よく「家事は“化学反応”である。」と言います。

“昭和の男児”なので、家事はほとんどしません。
ですが、実母や私が家事で失敗すると
「茶碗むしに“す”が入らないようにするには、“沸点”を考慮して…。」と、
“ウンチク”と“分析”が続きます。

以前は「なんのこっちゃ?」と思っていましたが
今日の話は、以前に話していた事とドンピシャ!
実父が同席していたら、
心の中で“ニヤリ”としていたに違いありません。


そして、由依さんのお話のつづき
3.用途にあった道具を揃える。

4.道具がすぐに使えるように、メンテ。

私は、4.にドキッ。
お掃除の道具(とくに風呂掃除グッズ)も、ちゃんとお手入れしてあげないと…と反省。

ご一緒した皆様、お疲れ様でした。
懇親会では、託児や講座の聴講で力尽き…、
あまりお話ができなくて残念。

また楽しい企画でご一緒できるのを、楽しみにしています。


私の祖父母が買ってくれた、私が大好きな“お雛様”。
お雛様130226
06:28  感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。